【back number/ベルベットの詩】タイトルに隠された意味考察!

バックナンバー

2022年8月26日公開の映画「アキラとあきら」の主題歌に決定した、バックナンバーの新曲『ベルベットの詩』。

映画の予告映像に曲の一部が公開され、早くも話題になっていますね。

そして、タイトルの「ベルベット」がどういう意味なのか気になりますよね…

そこで今回は、普段あまり聞き慣れない『ベルベット&詩の意味』について考察してみました。

目次

「ベルベットの詩」は映画のために書き下ろした新曲

この映画の内容は、真逆の人生を過ごしてきた、同じ名前の2人(情に厚いアキラと、冷静沈着なあきら)が、入社したメガバンクで出会い、苦悩や葛藤に立ち向かいながら、2人の人生が交差していく物語です。

「下町ロケット」「半沢直樹」「陸王」など、大ヒットドラマを生み出してきた、作家・池井戸潤(いけいど・じゅん)氏の原作で「池井戸潤史上、最も泣ける作品」だそうです。

これは面白そうですね!

back numberの清水依与吏(しみず・いより)さんは、映画や楽曲制作について、以下のようにコメントしています。

どの角度からも後押しできる力強さを持った作品なので、『音』の部分は早々に心が決まりましたが『言葉』の部分では盛大に苦戦しました。 

書き込んで、歌い、直して、歌い、ぐしゃぐしゃに丸めて、また真っ白い紙に向き合う。 

この作業を何度も何度も繰り返す事が、『アキラとあきら』の中で、苦悩や葛藤に晒されながら生きる登場人物の1人として『ベルベットの詩』を招き入れて頂く為にとても重要だったように思います。 

傷も癒えないまま歩み続け剥き出しになった『中身』のような自分を、本能のままに叫ぶのではなく、美しいものだと願って歌う。 

もしかしたら自分達にとっても、いま必要な楽曲として生まれて来てくれたのかもしれません。     

清水依与吏(back number)  

back number公式HPより引用

【back number/ベルベットの詩】タイトルの意味とは?

ベルベットの3つの意味

①ベルベットは生地の種類で、起毛していて(暖かい)肌触りが柔らかい美しい織物。

「ベルベット・ボイス」という言葉もあり、「柔らかい暖かみのある声」という意味をもっています。

つまり「ベルベットの詩」は、back number清水依与吏さんのコメントの中にもあったように、

柔らかくて暖かみのある、傷を癒やすような優しい詩」というような意味でしょうか。

映画監督の三木孝浩氏や、プロデューサー馮年氏も、この詩について、以下のように表現しています。

  • 荒々しくも優しい
  • 聴く人それぞれが自らを奮い立たせるような応援歌
  • 苦しい時、心が折れそうな自分を肯定し、エールを送ってくれるような、熱くて、優しい楽曲

「ベルベットの作り方」

ベルベット生地の製造工程の中に、2枚の織物を、繋ぎ糸で繋ぎ合わせて、1枚の織物に仕上げる工程があり、この手法はとても手間がかかるようですが、その分、美しいベルベットに仕上がるようです。

同じ名前をもつ2人の人生が交差し、一緒に困難に立ち向かっていくという意味もあるかもしれませんね。

詩(うた)の意味

「うた」と読む漢字は「歌、唄、詩」がありますよね。微妙な違いのようですが、

歌・・・一般的な歌。メロディーやリズムを声に出して表すもの。
※唄も同じ意味で、伝統的な邦楽に用いられることが多い

詩・・・詩(し)を意味し、メロディーがない。思いや内面的なものを言葉にしたもの。

一般的な「歌」も感情や思いを表現したものですが、

清水依与吏さんご自身も歌詞と葛藤して、やっと生まれた曲と言われていますので、単に歌というよりは、その言葉(歌詞)や内面的なものにフォーカスしたという意味合いが強いかもしれません。

いろいろリンクしますね。

予告動画は、最初の部分しか聴き取れませんでしたが、文字起こししてくださっている方がいました!

曲のリリースや映画の公開が待ち遠しいです。

妄想を膨らませながら、楽しみに待ちましょう!

まとめ

バックナンバーの新曲「ベルベットの詩」の意味について考察してみました。

早くフルで聴きたいですね。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる